コピー機・複合機を中心とした日本最大級の
オフィス機器販売・リースのサイト

SAGAS サガス

コピー機販売のサガス
 
  シュレッダーは、購入前にどの程度のゴミが発生するかを確認した上で、
  その処理能力を把握しておくことが必要です。
    以下のポイントをチェックして下さい。
    1.処理できる紙のサイズ・機器の投入幅
    2.同時に裁断できる枚数
    3.カット片の大きさ
    4.機器のサイズ (※ダストボックス容量)
 
  そのほかに、複数の人で共用する場合には定格時間(連続作業時間)なども選択基準です。
  家庭(個人)・SOHO用であれば、置く場所の広さなどから機器のサイズや重さをチェックし、
  それほど連続処理時間が長くなくてもよいでしょう。
  また法人の方で部署や会社全体で共用するのであれば、連続処理が可能なものが
  お勧めです。
  利用者が多ければ、大きなサイズ(ダストボックス)の機器が必須となります。


1.【投入幅】  細断する用紙を投入する口の幅
2.【細断方法】  用紙細断の切り方
 ・ストレートカット  垂直に直線カット
 ・クロスカット  縦横方向にカット
 ・スパイラルカット   螺旋状のカッターでカット
3.【最大細断枚数】  一度にカットできる用紙の最大数  (普通紙で換算)
4.【細断寸法】  細断された紙屑のサイズ
5.【くずならし機能】  細断して受け箱にたまった屑をならしより効率的に運転できるようにする機能