顔認証+自動検温システムカメラ Sentry Face M 本体

顔認証+自動検温システムカメラ Sentry Face M 本体

顔認証+自動検温システム Sentry Faceシリーズ

新型コロナウィルスの流行で必要性に気付かされた方も多いはず!
入り口に置くだけですぐに検温開始。前もって顔画像を登録すれば顔認証システムとしても稼働します!

施設の入口などに簡単に設置できる顔認証付きの自動検温システム
【正確な体温測定】非接触自動温度測定、高速及び正確な温度測定、温度測定精度±0.3℃、体温以上情報の記録が可能。
【顔認識】優れた顔認識AIエンジンとサーモセンサーを融合。異常体温者を検知し事前警告を発し、異常体温検知対象者の特定にも役立ちます。

最小商品構成の場合月額8,000円より!
【ご依頼の手順】(1)見積ご依頼下さい。→(2)特別条件提示致しますのでご依頼が決まったら→(3)リース契約またはお支払・購入 →(4)納品手配 という流れになります。

【メーカー】その他

メーカー標準価格:¥OPEN 

高速認識・高速検温を実現した自動カメラシステムです!

本体にLinuxを搭載したインテリジェントタイプの自動検温カメラ+顔認識エンジンのセット商品です。携帯端末のAndroid OSベースで製作された顔認識カメラより遥かに高速なデータ処理を実現し、 スムーズな運用環境を提供します。
サービス概要

瞬時に測定、本体液晶に結果を表示。

人の顔を認識するとすぐに検温結果と、設定された体温にを上回る場合は「異常」通知表示を出します。また、顔認識のデータベースに予め登録された方の顔データと一致した場合、 その人の氏名など登録テキストデータが表示されます。
画面キャプチャ

最小機器構成はパソコン1台だけでOK。

最小機器構成は本体とパソコンをLANで結ぶだけ。初期設定もこの環境で実施できます。複数のSenty Faceを運用する場合は専用のVMPマネジメントソフトが必要です。詳しくは担当スタッフまでおたずねください。
最小構成

モニター通知アプリでパソコンから認証結果やログが閲覧できます。

パソコン側にインストールして、Sentry Face 本体のモニター表示内容をパソコン側で表示したり、ログの表示や、設定変更などが出来ます。 (オプション)
オプションアプリ利用の場合の画面
【.赤枠】接続しているカメラの ライブビューが表示されます。
【.青枠】過去の認証時のログが表示されます。 ※
【.緑枠】ログ枠で選択しているログの顔画像が表示されます。認証時にアラートが発報されれば、この画面でもアラートが発報されます。

※表示ログ項目:ゲート判定(個人認証判定)体温・マスク有無・年月日・時刻
(ID・名前・性別は、ゲート判定OKの場合のみ、登録されているデータベース情報を表示)
オプション無しの場合
主な製品仕様
搭載OS Linux
カメラ機能 2Mピクセル、4mmレンズ、専用ISPプロセッサ画像処理、アンチ逆光、顔認識速度≦0.2s
ディスプレイ 7インチIPSフルスクリーン、解像度1024×600
認証方式 顔認証、体温測定、ICカード
体温計測範囲 32℃から41℃
体温計測距離 0.3mから1.5m
計測精度 ±0.3℃以下
マスク着用検出 マスク着用、非着用を自動認識音声で通知
保存容量 顔データベース:30,000人分 検温・認識記録:150,000レコード
外部I/O端子 RJ45、RS232リレー、ドア磁気信号入力、Wiegand、オーディオ出力
電源 DV12V ±20%
使用温度・湿度 -30℃から70℃ 90%RH未満
通信 有線LAN、オプション(WiFi、4G)
設置方式 壁掛け、ゲート連動設置、デスクトップ等
製品サイズ 247mm × 127mm × 26.6mm
備考  

関連商品