A3サイズ対応のカラー複合機で、カウンター料金が掛からない新モデルがいよいよ登場しました!
複合機を導入検討される立場にある方は知って損はない情報です。
ちょっと長いかもですが、ぜひご一読下さい。
main_pic

1.これは革命!A3カラー複合機から「カウンター料金」がなくなった!


今までに、いわゆる国内メーカー(キヤノン、富士ゼロックス、リコー、コニカミノルタ、シャープ、東芝など)のA3カラー複合機の導入を担当された事がある方なら ご存知かもしれませんが、A3対応のカラー複合機(レーザー方式・LED)導入の際には事実上「必須」でカウンター保守契約の締結が必要とされ、 締結後は毎月の印刷枚数に応じたカウンター料金をメーカーや保守業者にお支払い頂くことになります。
カウンター保守契約の主旨は、「1枚印刷毎に課金させて頂く代わりに、その費用で
定着ユニット/転写ユニット/感光体ドラム※の貸与、出張修理の無償化、トナーの提供を無償にし、機器に不具合が出てもユーザーに費用を負担させない
」というものです。
※定着ユニット/転写ユニット/感光体ドラムは複写機・複合機が紙に印刷を行うのにとても重要な役目を持つ部品のことです。

なるほど、ユーザーに優しく良心的な保守契約だ、と昔は自信を持って説明できたのですが、数年前から複合機を取り巻く事情が変わり、 すべてのユーザーに対して良心的とは言えない一面があります。
それは、
保守にかかるメーカーや保守業者のコストは下がっているはずなのに、
ユーザーのコスト(カウンター料金)負担は以前の方式のまま

なので一部のユーザーが「割りに合わない」保守費用を負担していることがある、という事実です。

印刷枚数がもともと多いユーザーにかかるコストは以前と変化はないかもしれませんが、
特に1ヶ月に1,000枚程度未満を印刷するユーザー(=「印刷枚数 少」ユーザー)に関して言えば 「保守にかかるコストが下がっている」という根拠は下記の2つが挙げられます。

(1)カラー複合機が一般的に発売され始めた20年前に比べ、複合機自体の性能が上がり、故障率がかなり低くなったこと。
昔は「毎週、同じ複合機のメンテナンスに通う」などというモデルもチラホラあったのです。しかし今では印刷速度が比較的遅い低速機だと 「そういえばあの複合機、今年は1回もメンテナンスしてないな」なんてことがザラにあります。故障しない、ということは保守対応の回数も減り 保守サービス提供者のコスト負担は減りますから、保守にかかるコストは減っていると言えるのです。

(2)定着ユニット等の定期交換部品の品質が向上し、長持ちするようになったこと。
いまや定着ユニットなんて長いと耐久枚数15万枚印刷を超える物まであるんです。昔はもっと少なかった。
となれば、部品代のコストも減るはずです。


つまり、印刷枚数が少ないユーザーほど、保守のコストはかかりにくいので、その費用を事前に”前払いで貯めておく”ようなカウンター保守料金の仕組みは 保守料の払い過ぎと言える状態になりやすいんです。
counter_img カウンター保守料の出費は変わらずかかっています。知らない人も多いのですが。
<そもそもカウンター保守契約の仕組みが業界独特!との声も>
お客様が複合機の導入についてご相談頂いた際に、我々のような販売店のスタッフが, 当然のように「カウンター保守契約」の契約が必要で、料金がかかることを説明すると 「契約したくない」と言われることがあります。その時、営業スタッフはこう説明します。

「カウンター保守に入らないと、定着ユニットや転写ユニット、感光体ドラムといった高額な部品がメーカーから貸し出されず、 自費で買わなきゃいけなくなります。だいたい数十万円掛かります。これがないと複合機、使えません。だから加入を。」


ん??

なんで複合機本体を一式[買った]お客様が、わざわざ部品をメーカーから[借りて]、さもなくば、更に高額な部品を買って、 しかも1枚印刷ごとに[課金される]ということになってるのでしょう?
よくよく考えると不思議なことです。
例えるなら、
クルマを買ってガソリン代も払ったのに
運転した距離(メーター)に応じて料金が課金されている

のと同じようなものです。
車のガソリン 車も車検とかはあるけど、[走った距離に応じた課金]はさすがにありませんよね。
カウンター保守はたぶん他の業界では見られない、独特な保守契約だと私自身思います。
しかも世界中がペーパーレス化で紙への印刷が激減していく中で、印刷が少ない人ほど割高になる保守料体系ってどうなのでしょう?どう思いますか?
誰だって無駄な費用は払いたくない。
メーカーも、機械の耐久性が高くなるにつれ、カウンター方式ではない策を模索したのですが、一部のメーカーを除き、 保守サポート体制を維持する「採算が取れない」ため実現に至りませんでした。先方も商売ですから致し方ありません。

しかしとうとう今年!、その前時代的なこの業界に波紋を起こすべく(?)あるメーカーが動きました。
完全にカウンター保守を廃したA3サイズのカラー複合機を発売する複写機メーカーが現れたのです。
それはかの有名なキャッチフレーズで一世を風靡した(?)目の付け所がシャープなSHARPです。
目の付け所がシャープでしょ このキャッチフレーズは2010年で終わってたのをこの間初めて知りました・・。
今回はそんなシャープが勝負に出た新・複合機を紹介させていただいてます。
まずは一度、お電話か商品ページのフォームより問合せ/無料見積もりのご依頼をしてください。 機械の詳細や価格、条件や機能についてはもちろんのこと、あとお客様に合っている複合機かどうかまでご案内します。 商品ページおよび問合せフォームはこちら
sample_a
シャープのカラー複合機DX-20C20でコピー操作してみた

2.置き場所であきらめない!幅56cm、GOODDESIGN賞受賞のスタイリッシュな外見!


今回ご案内するシャープ製複合機「DX-20C20」はA3サイズ用紙の印刷に対応しながら、レーザー機では最小クラスの 本体幅56cmと非常にコンパクトな作りになっています。
ただそれだけではなく、このモデル、「2019年度 グッドデザイン賞」(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しているんです。
GOOD DESIGN
非常にシンプルかつ洗練された外見で、お店や事務所の受付付近やフロント、オフィスフロアにもマッチします。
大きさが邪魔しないので比較的スペースが取れない施設などでもご利用が可能になりました。
複合機を設置スペースや外観の問題でためらっていた方、ぜひ改めて設置を検討してみて下さい。 商品ページおよび問合せフォームはこちら
sample_d

3.コストであきらめない!高い消耗品は必要ないからトナーだけ買ってください。

今までのカラー複合機のように「カウンター保守」のカウンター料金がない複合機を今回は紹介するのですが、 複合機は印刷物を刷ったりするわけですから、導入して利用するのにコストが全く0(ゼロ)なんてことはありえません。経済活動の基本です。 逆に「0円で使える」と言っている複合機があるとすれば、それは何か「ウラ」があるはすです。

ちゃんとコストは掛かります。
でも掛かるのは、トナーを買う費用だけ。※しかも格安でご用意しています。※
トナーは消耗品(インク)ですから、上記の「1.」章でいうところの「ガソリン」ですね。
※印刷に必要な用紙や電気代、通信費、定期交換部品代を除く

今回ご案内するシャープの「DX-20C20」は他のカラー複合機と同様、CMYK(シアン・マゼンタ・イエロー・ブラック) の4原色のトナーを使います。
そのうちブラックトナーは6,000枚印刷目安の容量で1本8,000円、
他のカラー3色はそれぞれ4,500枚印刷目安の容量で1本10,000円、
計算してみると、モノクロ印刷は1枚約1.3円、カラー印刷は1枚約7.9円のコストということになります。
カラーコピーでもうまい棒1本よりも安いですし、格安でおなじみの街のコピーサービスよりも安いです。

あと、レーザー(LED)方式のコピー・複合機は、その印刷原理の中心的な役割を担う「定着ユニット」「転写ユニット」「感光体ドラム」といった 定期交換部品と呼ばれるものがあります。
(前出の「1.これは革命!A3カラー複合機から「カウンター料金」がなくなった!」でも軽く説明した高額な部品のことです。)
これは複合機を利用するのにどうしても必要で、場合により複合機のご利用途中で交換が必要です。

( ̄∀ ̄;)あ!
さっき、掛かるのは「トナーを買う費用だけ」って言ってしまった。。。

実はこれに関しては、「※ユーザー様となる御社orあなたor貴社の利用する印刷枚数によっては」、 という注釈を付けさせて頂きたく。

<注釈の説明>
今回ご案内しているシャープの新・複合機「DX-20C20」は、上記の「定着ユニット」「転写ユニット」「感光体ドラム」が1セット、本体購入時にセットされています
定着ユニット、感光体ドラムに関しては1セットで16万枚印刷まで耐用目安なので、例えば1ヶ月500枚しか印刷しないユーザーなら
320ヶ月使える(16万枚÷500枚=320ヶ月=26年・・・計算です。
1ヶ月1,000枚のユーザーでも150ヶ月=13年ちょっとということか。
だとすればもはや、複合機の法定耐用年数(5年)を超えますので、機器の寿命を迎えるまでの間、ほぼこれらの部品は交換の必要がありません。
ということは交換費用は「掛かりません」
ちょっと強引かもしれませんが、計算上、間違いはないので、言い切っちゃいます。

<保守パックもちゃんとあります!>
ただ、いくら品質がよくなったとしても「機械モノ」ですし、自然発生的な故障の修理については費用を気にせず万全のサポートを受けたい、 仮に部品(感光体ドラムを含む)の交換が必要になってもそれをカバーする保守サポートがほしい、という方も多いかと思います。

そのような声に応えるべく1ヶ月あたりわずか1,800円の「年間契約型保守パック」をご用意しました。
これは印刷枚数に応じたものでなく、期間(3年から5年)で区切ったパックなので「印刷枚数 少」ユーザーの方にも保守料に無駄がありません! しかも、メーカーであるシャープの保守サポートです。対応は全国です。日本津々浦々です。あなたの街にもコンニチワです。
これは複合機本体を依頼するときにしか加入できないパッケージなので、ご加入ご希望の際はご注意くださいね。
低価格
また、基本的な印刷枚数が多い方や、一時的にまとめて大量の印刷をするユーザー様はご注意を。

あくまで、この「DX-20C20」は月間印刷が1000枚から1500枚程度以下のユーザー様に向いている機種なので、各パーツや消耗部品もそれを想定して作られています。 ですからそれ以上のオーバーワークをさせると、想定しているマシンライフを全うできないこともありますし、余計なメンテナンス費用が発生する場合もあります。

もしあなたが月間2,000枚、3,000枚以上の印刷枚数が見込まれるユーザーなら、私たちが他におすすめしている複合機をご案内しますので、 その旨、問い合わせフォームからご連絡ください。
商品の詳細情報とともに、あなたがこの複合機をご利用頂くのに適しているかどうかもご案内します。 商品ページおよび問合せフォームはこちら
sample_d

4.初期費用であきらめない!初期費用0で導入し、他に資金を使いましょう。

今回ご案内しているシャープの複合機「DX-20C20」ですが、搭載機能をシンプルに絞って低価格を実現していますが、 それでもメーカー標準価格で本体840,000円(税別)の設定になっています。決して安っぽくはないのです。
日本が誇る技術で制作された超精密な機械の複合物こそ「複合機」なので、そこはやはりそれなりに費用はかかるんです。
ただ、今回はこの画期的なモデルを是非多くのユーザーに採用いただけるように、私たちとしても策を練りまして、
初期費用0円、月額プラン
を用意させていただきました。一括で費用を用意するより、初期費用が無いのはきっと有用なはず。
ご利用は法人の方や個人事業主の方に限られますが、是非一度、無料のお見積をご依頼ください。

上記プランの他、銀行振込でのお支払いやクレジットカードのご利用、また分割払いのご用意もございます。
複合機に一括で掛けなくて良くなったご予算は、他のオフィス機器(シュレッダーやパソコンとか?)を充実させるのに活用してください
注)ちなみに当店でもシュレッダーやパソコン、やってます。

また「DX-20C20」は、今までの複合機にたくさん搭載していた機能のうち、比較的、使用頻度が少ない機能を合理的に排除することで コンパクトな本体と低い製造コストを実現していますので、
いつも使う必要な機能がある方は事前に当店のスタッフに聞いてください。
「この機能はついてる?」って。
その機能がちゃんとついている機器をご案内します。

sample_c
どこに置くかは、あなたしだい どこに置くかは、あなたしだい 商品紹介動画
いかがでしょうか?新・カラー複合機「シャープ DX-20C20」。
細かい搭載機能は本ページのここから下にあります特徴・仕様一覧を御覧ください。
シャープのWebサイトもありますのでご参照ください。
https://jp.sharp/business/print/newmodel/color/dx-20c20/index.html

そして無料のお見積を希望される場合、またご質問がございましたら当店の担当スタッフにご連絡ください。
繰り返しになりますが、このA3カラー複合機は従来の従量課金となる「カウンター料金」がかかりません。
つまり、保守サポートの事業による収益は我々販売店に入りません。これを言い換えると、
この複合機はカウンター保守サービスによる収益を必要としない弊社だからご提案できる”選りすぐり”の商品になります。
(バックボーンを細かく語りだすと10000字のレポートでも足りので、ここでは割愛。興味のある方は個別にご連絡ください。)

他社ではあまり取扱がない、コストもサイズもスッキリしたA3カラー複合機です。
当然、より多くのユーザー様にこの複合機を使っていただきたいのですが、お求めやすくすることを追求した結果、それはそれはお得な特別価格条件でご用意しましたため、
提供数に限りがございます!
今のところは月間10セットを確保しておりますが、数量が一定量になりますと次回入荷までお待ち頂く場合もございます。
※出荷状況次第では価格条件が打ちきりになる場合もあります。
まずは一度、無料のお見積を問い合わせフォームよりご依頼ください。
もちろん、お電話でのご相談も承っておりますので、どうぞ。(TEL 03-5577-5801)

sample_d
シャープ DX-20C20モデル 主な特徴と仕様

幅・奥行き56cm どこにでもフィットするシンプルデザイン。

月々のカウンター料金は不要!!安心の年間保守

保守料金は、定額料金の年間保守パック方式を採用
わずらわしい毎月の支払いは不要、カウンター保守ではありません!!

モノクロ印刷約1.3円 カラー印刷約7.9円と印刷コストが超格安!!

トナーはなくなり次第、ご購入頂きます。
カラーを構成する原色(ブラック・シアンマゼンタイエロー)のトナーコストはなんと、約7.9円!!
今までより気軽にカラー印刷をご利用頂くことが出来ます。
※A4サイズ標準原稿(5%印字比率)での換算値の場合


しかも本体導入時に約1,000枚印刷相当のトナーが同梱されていますので別途トナーを購入しなくても運用できます。
■商品の主な特徴

作業の手間を効率化|身分証コピー

免許証など、各種カードの表裏を1枚の用紙にコピー。手間が省けるばかりでなく、用紙の節約にもつながります。

多彩な用紙に出力が可能|各種用紙/厚紙プリント機能

標準トレイはA3からA5サイズに対応。オプションカセットには厚紙(220g/m2)給紙にも対応し、手差しトレイなら最大256g/m2まで印刷可能です。
耐水性に優れたPOP用紙、さらに封筒やはがきなどの多彩な用紙への出力が可能 さまざまな業務で活躍します。

設定画面を自動で表示|手差しトレイ用紙設定画面自動移行

手差しトレイに用紙をセットすると、自動的に用紙設定画面を操作パネルに表示します。設定画面を呼び出すことなく、用紙を設定できます。

スキャンデータを多彩に送信|データ活用

フルカラースキャナーで読み取ったデータをFTPサーバー、共有フォルダーやUSBメモリーに送信。E-mailによる配信や指定したパソコンへの直接送信※も可能で、データ活用の効率化をサポートします。

両面原稿を裏返す手間が省ける|A3-A5サイズ両面原稿対応

両面原稿自動送り装置(RSPF)は、120枚までセット可能。A3-A5サイズの原稿を読み取ることができ、業務の効率化が図れます。
●コピー時
カラー:片面原稿26枚/分(A4ヨコ)(600x400dpi時)、モノクロ:片面原稿30枚/分(A4ヨコ)(600x400dpi時)
●スキャン時
カラー/モノクロ:片面原稿37枚/分(A4ヨコ)(200x200dpi/300x300dpi時)

最大4×4に拡大印刷|ポスター印刷

1枚のプリントデータを最大16倍(4×4)の大きさまで分割して拡大印刷。それぞれの用紙を貼り合わせることで自前でポスターを作成できます。

受信データを転送できる|ファクス転送設定

受信したファクスデータを指定した共有フォルダー、E-mail、FTPサーバー、パソコンなどに転送可能。ペーパーレス化を推進します。

パソコンから直接送信できる|PC-Fax送信

パソコンで作成したデータを直接パソコンからファクス送信。ファクス原稿をプリントする手間と用紙の使用量を抑えられます。

見やすい角度に調節可能|チルトタイプ操作パネル

操作パネルはフリーストップのチルトタイプを採用。設置場所やユーザーに合わせて角度を自由に調節できます。

複合機の状態を色でお知らせ|状態表示LED

プリント出力中や用紙切れをLEDの点灯や点滅でお知らせ。離れた場所から複合機の状態を光と色で確認できます。

コピー機能
最大原稿サイズ 最大A3/シート・ブック原稿
用紙サイズ A3ワイド(305×457mm)-A6R/郵便はがき※1/往復はがき※1/四面連刷はがき
封筒(長形3号・長形4号・長形40号・洋形長3号・洋形2号・洋形4号・角形2号・角形3号・角形6号)
連続複写速度 フルカラー/モノクロ
A4・B5ヨコ: 20枚/分  A4・B5タテ:16枚/分  B4:13枚/分  A3:12枚/分
ウォームアップタイム 29秒 ●環境により異なる場合があります。
ファーストコピータイム フルカラー:11.5秒※ モノクロ:8.0秒※
*本機の状態により異なる場合があります。
拡大縮小/ズーム 拡大 115%、122%、141%、200%、400%
縮小 25%、50%、70%、81%、86%
ズーム幅:25%-400%の範囲で1%ごとに376段階
両面原稿自動送り装置使用時は、25%-200%
給紙カセット 標準1段(250枚×1)+手差(100枚) その他構成により+増設1段(550枚×1)+増設2段(550枚×2)
自動原稿送り装置 標準装備
ソート機能 標準装備
両面印刷 標準装備
ファックス機能
送信サイズ A3-A5(最大1,000mmまでの長尺原稿〈片面/モノクロのみ〉の送信が可能。)
記録紙サイズ A3-A5
電信速度 スーパーG3/G3
メモリ 64MB
ワンタッチ/短縮 短縮ダイヤル:最大300件
順次同報送信:最大100件
プリンタ機能
解像度 600×600dpi
プリント速度 コピー仕様に準ずる
インターフェイス 10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T
USB 2.0(ホスト、ハイスピードモード)
対応OS Windows 7、Windows 8、Windows 8.1、Windows10
Windows Server 2008、Windows Server 2012、Windows Server 2016、2019
※対応OSにつきましてはメーカーHPでご確認ください。
スキャナ機能
形式 カラースキャナ
スキャン解像度 100×100dpi 150×150dpi 200×200dpi 300×300dpi
400×400dpi 600×600dpi(プッシュスキャン)
50-9600dpi※1(プルスキャン)
※ 解像度を大きくすると読み取り範囲を小さくする必要があります。
スキャン速度 モノクロ:片面原稿37枚/分 カラー:片面原稿37枚/分
●当社標準原稿(A4サイズ6%原稿)標準モード、カラー自動判別オフ時。原稿のデータ量により速度は変動します。
インターフェース 10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T
USB2.0(外部メモリーデバイス保存時)
対応OS Windows7、Windows8、Windows8.1、Windows10、 Windows Server 2008、Windows Server 2012、Windows Server 2016、2019
※対応OSにつきましてはメーカーHPでご確認ください。
その他
本体サイズ(幅×奥行×高さ) 560mm×560mm×653mm(本体のみ)
機械占有サイズ(幅×奥行) 882×654mm(手差しトレイ伸長時)
重量 約53kg(本体のみ)
最大消費電力 1.45KW以下
メンテナンス方式 1年無償保証 または複数年の定額年間保守契約
備考
■お問い合わせから見積もり、納品実施までの流れ
お問い合わせ
見積もり・提案
日程調整
納品
■ご利用頂けるお支払い(決済)方法
銀行振込
リース契約
クレジット・ローン
■対応エリア
弊社およびメーカーの提携拠点を介して、日本全国へ納品およびその後のサポートをご提供いたします。
(北海道エリア) 北海道
(東北エリア)青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
(関東エリア)茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川 山梨
(中部エリア)新潟 富山 石川 福井 長野 静岡 岐阜 愛知 三重
(近畿エリア)滋賀 奈良 和歌山 京都 大阪 兵庫
(中国エリア)岡山 広島 鳥取 島根 山口
(四国エリア)香川 徳島 愛媛 高知
(九州エリア)福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄