リースとレンタルの違いとは?

1.コピー機/複合機を導入する方法として

オフィスに欠かせないOA機器。使い続けていれば経年劣化などで複合機の入れ替えを検討したり、または新規に事業を立ち上げる場合には、様々なOA機器や事務機器が必要となると思います。
しかし、これらの機器(複合機やビジネスホン・パソコンなど)を購入するとなると膨大なコストがかかってしまします。
そのような時に活用できるのが「リース」や「レンタル」です。
コピー機/複合機を導入する方法として
リースやレンタルを活用すれば、初期コストを低減できるので、様々な機器の導入が可能になります。
ところで、リースとレンタルの違いをごご存知でしょうか?
よく混同されている方がいらっしゃいますが、実はかなり違うものなのです。
ここでは、リースとレンタルの違いをご説明します。

2.リースとレンタルの違い

リースとは、お客様(契約者)が選んだ機器をリース会社が販売店より買い取って貸与するものです。
OA機器の場合は「新品」が対象で、基本的に中古機器のリースは出来ません。※
契約期間は3年〜6年が一般的で、比較的長くご利用いただく複合機やビジネスホン、工作機械などがリースの対象となります。

一方、レンタルは、日・週・月単位といった短期間で借りることができますが、借りる機器はレンタル会社所有の物となり、 使いまわし、いわゆる「中古機器」となります。(例外として長期レンタルで新品が提供される場合もあります。)

リースの仕組みについて詳しくはこちら 「コピー機/複合機のリース契約の種類と内容」 をご覧ください。

 一般的に高額なOA機器等を導入される場合に用いられる導入方法には「リース契約」「レンタル契約」「買取」があります。
 それぞれの違いは下記のようになります。
コピー機/複合機を導入する方法として

3.リースのメリット・デメリット

リース、レンタルにはそれぞれにメリット・デメリットがあります。
ここでは、リースのメリットとデメリットをいくつかご紹介します。

<リースのメリット>

・リース料金は経費にできる
OA機器などを購入した場合は減価償却できる分のみが損金となり、全額を経費扱いにはできません。
しかし、リース契約で導入する場合は、毎月のリース料全を賃貸借処理して、料金全額を経費として処理できます。

・最新の設備が使える
複合機やパソコンは新しい機器が次々と発売されるため一定の期間が経過すると陳腐化してしまいます。
しかし、リース契約で機器を導入して期間ごとに入れ替えれば、最新技術を搭載した機種を使い続けることができるのです。

・少額で設備を導入できる
リースで機器を導入すれば費用は月々わずかなリース料の支払いだけで済みます。
そのため、多額の購入資金は必要なく、資金を効率的に運用できます。


<リースのデメリット>

・所有権がなく機器を返却する必要がある
リースする物件(機器)の所有権は、リース会社にあります。
基本的にリース期間終了後はリース会社に機器を返却する事となります。

・保守・修繕義務がある
リースした機器の保守・修繕義務は契約者にあります。
業務用複合機の場合は保守契約が必須となりますので、別途機器のメンテナンスなどのための維持費が必要です。

・中途解約ができない
複合機のリース契約は、大きく二種類あります。一つは「ファイナンシャルリース」、もう一つは「オペレーティングリース」です。
一般的に「リース」という場合は、ファイナンスリースを指します。

詳しくはこちら 「コピー機/複合機のリース契約の種類と内容」のリース契約の種類をご覧ください。

ファイナンスリースは、契約者が選んだ物件をリース会社が契約者に代わって購入し、貸与する取引であり、リース会社は購入時の費用の全額の回収を予定しているため、中途解約はできません。
どうしても解約をしたいときは、残りのリース料を一括で支払い、強制的に契約満了とするしかありせん。

・支払総額が割高となる
リース料金には、リース会社の手数料や保険料、金利、固定資産税などが含まれていますので、最終的な支払総額は、購入するよりも割高となる場合があります。
ただし、保険料が含まれていますので、浸水や火災などによる故障の場合は保険適用で修理することができるメリットもあります。
(リース会社により保険適用条件は変わります)

4.レンタルのメリット・デメリット

リース、レンタルにはそれぞれにメリット・デメリットがあります。
ここでは、レンタルのメリットとデメリットをいくつかご紹介します。

<レンタルのメリット>

・短期で機器を借りられる
レンタルは短期間からの利用ができ、中途解約もできます。

・事務手続きが軽減できる
レンタルの場合、購入時にかかる償却経理事務、固定資産税の申告・納付事務、損害保険の加入といった煩雑な事務手続きが不要になります。

<レンタルのデメリット>

・料金が割高になる場合がある
レンタルは短期で借りる場合にはリース料金よりも割安になりますが、中長期で使用する場合には購入やリースに比べて割高になる場合があります。

・選択肢が少ない
すでにレンタル会社が所有している機器から選択するため、購入やリースと比べると選択肢は多くありません。
複合機の場合はあらかじめ機種が決まっている場合が多く選択する事自体ができない場合があります。
また、新品を購入するリースと比べて、レンタルの物件は中古品がほとんどです。

5.なぜ【レンタル】ではなく【リース】なのか?

「レンタル」のご質問をよくいただきます。
残念ながら弊社では「レンタル契約」での提供は行っておらず、「一括支払いによる購入」か「リース」契約で導入頂く形になります。

たしかに、一時的なイベントや短期の要件でご利用になる場合は、1日・1週間・1ヶ月などで契約できる「レンタル」契約も重宝するのですが、 事業者の方が一般的な操業中にご利用頂くOA機器なら、少し長い目で見て「リース契約」がオススメです。

「リース契約」を勧める理由としては、
「レンタル」だと『機械を選べない』こと、そしてその機器が『中古品だから』です。
レンタルというのは、予めレンタル事業者が選んだ機器を用意しておき、顧客の要望通りの期間で貸し出す契約です。
業者が予め選んだ機種ということは「業者に都合の良いもの」しか用意されていません。
それに入庫済みの在庫ですから「新品」に当たる可能性は極めて低く、大抵は使いまわしのいわゆる中古品です。
中古も悪くないですが「新品」と比べればやはり劣化は見られるもので、劣化があるということは不調も起こしやすくなります。

どちらか、というならやはり「新品」で使えたほうが良いでしょう?
その点、当店が扱う「リース」はリース会社が契約者が選んだ新品の商品を販売店から買い上げて、貸与する方法をとっています。
だから、必ず「新品」が使えるのです。 ※

また、レンタル事業者はできるだけ運用がうまく回るよう万人受けする「オールマイティ(全能的)」な機種を揃えがちですので、お客様の要望に応えられる満足のいく 機器を提供できるとは限りません。

リースでしたら、お客様の事業内容に適した機器を自由に選択して、新品で借りることが出来ますので、中長期で利用することが多い複合機などのOA機器の場合は、リース契約での導入をおすすめいたします。
※販売店やリース会社が「中古」「再販」と明記した場合を除く


スペシャルプライス特集

おすすめの商品

コピー機・複合機 お役立ち情報

コピー機・複合機に関するあらゆるカテゴリーの情報をまとめました。機器導入の際などにご不明に思われたことや、用語の説明、制度・仕組みなどについてもご案内しています。
各テーマごとに情報が掲載されていますので、ご自由にご覧ください。